HOME > 院内紹介

院内・設備紹介

瑞江整形外科入り口
受付
待合室1
待合室2
診察室1
診察室2

レントゲン室
超音波診断装置
骨密度測定装置
一般撮影に加え、透視機能があり骨折の
整復など 画面を見ながら行えます。

レントゲンではわからない軟部
組織の診断に威力を発揮。
主に肉離れやアキレス腱断裂
、肩腱板断裂、軟部腫瘍の
診断に利用。細かい骨折も
わかります。 もちろん腹部も
診断致します。
骨ドック:骨粗鬆症の検査として採血(カルシウムやリン、骨破壊マーカー)と、腰椎レントゲンに加えこの骨密度測定を行います。若年成人平均70%未満を骨粗鬆症と診断します。適切な、より専門的な治療をご指導いたします。
血圧脈波検査装置バセラVS-1000
AED(自動体外式除細動器)
動脈硬化の検査装置。
@動脈の硬さ A下肢動脈の狭窄の程度
B血管年齢 を測定します。
動脈硬化の程度を判断し生活習慣病やメタボリッ
クシンドローム、心血管疾患や脳血管疾患などの
予防 に役立ててください。


リハビリ中の患者さんが突然倒れてしまったとき、心停止の救命措置に必要なAEDを設置しました。心臓突然死の主な原因、心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動にAEDが最も効果的な方法だといわれています。
1階リハビリ室
エレベーター 『2Fリハビリ室へ』
2階リハビリ室(1)
2階リハビリ室(2)
牽引治療器
首や腰への負担を緩和し、神経の圧迫や筋緊張を改善します。

干渉波
SSP
高い周波数の電流を流し、体の内部で発生する
干渉波により血行を促進し痛みを緩和させます。
低周波で痛みの患部へ直接アプローチし血行改善を促し、凝りや痛みを緩和させます。
スーパーライザー
トリオ300
血流の改善や痛みの緩和、特徴は体の奥まで
届く、近赤外線を使った温熱治器です。
弱った筋肉に対し、筋収縮を促すEMSを流すことにより、筋力回復を加速度的に促進します。また、神経を刺激するTENSを使うことにより、神経伝達の回復を促進します。
超音波治療器
オステオトロンV
徒手では不可能な高速振動によるマッサージ効果
があり、硬い組織や拘縮の改善に有効です。
骨折治療専用の超音波治療器です。骨に振動を与え、骨癒合を促進します。
ハイボルテージ
立体動態波
ケガをした直後の痛み・はれを抑え、機能回復を
促進させます。
電気を三次元的、立体的に使用することで、関節内部・体の深い筋肉を効果的に治療できます。
アスリートミニ
タスナインビュー
ケガによる組織損傷の回復に必要な微弱電流(マ
イクロカレント)を使用し、急性及び慢性的な痛み
を早期に改善します。


自律神経を測定する機械です。体調不良の原因を心拍変動にて調べます。
ラジオ波
深部加熱効果が非常に優れており、筋肉や関節、骨を温め、
循環を改善することにより、痛みを効果的に取り除きます。